ナショナルデパートの絵本「もとはひとつのおおきなパン」 ナショナルデパートの絵本「もとはひとつのおおきなパン」





ナショナルデパートの絵本「もとはひとつのおおきなパン」 ナショナルデパートの絵本「もとはひとつのおおきなパン」 ナショナルデパートの絵本「もとはひとつのおおきなパン」
ナショナルデパートの絵本「もとはひとつのおおきなパン」 ナショナルデパートの絵本「もとはひとつのおおきなパン」 ナショナルデパートの絵本「もとはひとつのおおきなパン」
ナショナルデパートの絵本「もとはひとつのおおきなパン」 ナショナルデパートの絵本「もとはひとつのおおきなパン」 ナショナルデパートの絵本「もとはひとつのおおきなパン」
絵本「もとはひとつのおおきなパン」
今日もパン屋さんはお客さんに届けるパンをまごころ込めて焼きました。お待ちかねのお客さんに温かいうちに届けなきゃ!と出発しましたが道に迷ってしまいます。 さてさて、焼き立てほやほやの美味しいパンは、無事にお客さんのもとへ届くのでしょうか? 2007年に発行されたナショナルデパートの絵本の第二作品目。ナショナルデパートの四季のカンパーニュをモデルにした絵本です。

分け合うことでつながっていく、新しい“パンの本”のかたち。
私の焼いている四季のカンパーニュはひとつが五キロという重さで焼き上げられています。当然ですが一人では食べきることができません。 便利であることや売上を上げることを求めると一般的な一人前ずつの大きさのパンを焼いた方が良いのでしょうけど、 切り分けないと食べられない不便な形にあえてすることで“分け合う”というコミュニケーションを発生させています。 スライスされた一切れのパン。その隣り合った場所の部分(もう一切れ)は遠く離れた場所で、誰かが食べている一切れになるのです。 そんなロマンチックなパン、見たことありますか?

絵本「もとはひとつのおおきなパン」
フルカラー、A6版(105mm×148mm)本文18ページ。
著者(絵・文) ひでしま こうすけ
電子書籍版のご購入は→ TSUTAYA.com eBOOKsより。


絵本「もとはひとつのおおきなパン」
Check

お知らせ 取扱店情報 ネットストア メールマガジン 問合せ カートを見る