ナショナルデパートの絵本「はるのゆきんこ」 ナショナルデパートの絵本「はるのゆきんこ」





ナショナルデパートの絵本「はるのゆきんこ」 ナショナルデパートの絵本「はるのゆきんこ」 ナショナルデパートの絵本「はるのゆきんこ」
ナショナルデパートの絵本「はるのゆきんこ」 ナショナルデパートの絵本「はるのゆきんこ」 ナショナルデパートの絵本「はるのゆきんこ」
絵本「はるのゆきんこ」
春の始まりに降りてきたゆきんこちゃんは緑の中にぽつんと残っています。いろんなものを白く染めようとしていたのに、 外は暖かいしみんなは春の緑を待ち望んでるし、仲間は溶けちゃって誰もいません。さあ、ゆきんこちゃんはどうなるのでしょうか。 2009年3月に発行されたナショナルデパートの絵本。

季節を顕微鏡で見る感覚
もう春になってしまっているのに地上に降りてきてしまったゆきんこちゃん。 もう一度雪に戻ろうと雲の中に飛び込もうとしたりしますがうまくいきません。 やっとの思いで雲の中に戻れたのですが季節はもう春、雨粒になって地上に降りてきて緑の植物たちの栄養になります。 同じであっても季節によって形を変え役割を変えていくという面白さ。 前作「ちゃいろとしろいろ」では季節の移り変わりを色の変化で表現しましたが、今回は冬から春への季節の変化を見てみました。

絵本「はるのゆきんこ」
フルカラー、A6版(105mm×148mm)本文10ページ。
著者(絵・文) ひでしま こうすけ
電子書籍版のご購入は→ TSUTAYA.com eBOOKsより。


絵本「はるのゆきんこ」
Check

お知らせ 取扱店情報 ネットストア メールマガジン 問合せ カートを見る